合鍵を勝手に複製して侵入!?

合鍵
合鍵

合鍵を勝手に複製して女性宅に侵入するという事件がありました

東京調査業協同組合員の株式会社TDAです。

平成28年09月の事件です。地方都市での話なのですが、マンションの管理人を装って、マンション住民に接触。何らかの理由をつけて、マンション住民の合鍵を手にし、その時に合鍵の製造番号やメーカー名を密かに入手してその後インターネットで複製を依頼。何日か後にその住民の部屋に侵入したという恐ろしい事件がありました。幸い住民の方には怪我等は無かった模様です。

この犯人は他にも同様の手口でマンションの合鍵を所有していたと言うことです。犯人はマンションの住民から鍵のチェックか何かでマスターキーを提示させたようですね。こういった場合は誰であってもマスターキーを見せないという事を肝に銘じておかなければならないですね。

私も気になって、自分の普段使っている家の鍵や事務所の鍵がマスターキーかどうかチェックしました。

事務所の鍵がマスターキーで、メーカー名及び製造番号が記載されていました、、、。

これでは防犯意識の薄い探偵と言われてしまいそうです。今後は複製したメーカー名や番号記載のないキーを持つことにしました。インターネットでの複製の依頼ではメーカー名とマスターキー番号で複製の依頼が可能なようです。今後は法改正や、業界団体の英断で、そういった場合は複製を行わないとか、厳しい管理体制のチェックが必要になりそうです。

以前、自宅の鍵の複製をメーカーにお願いしたことがありますが、確かその時は免許証のコピーとか、住民票のコピーとか、そういった類の公的な書類が必要だった記憶があります。その時はメーカーに直接電話して依頼したのですが、今回の犯人がネットでどこに注文したのかは不明ですが、メーカーだったとしたら本当に怖い話しですね。これだけの住宅がありますから、鍵の番号だけで何処マンションで何処の部屋なのかまでは判明しないと思いますが、、、。

今回、改めて記事にしたのは、こういったニュースはすぐに埋もれてしまうので、記事に残そうと思ったことが一つ。

もう一つはストーカー対策への啓蒙です。今回の手口で判明したように、あまり鍵のメーカー名や製造番号(固有番号)は気にしている人は皆無ではないか?という事です。

現在ストーカー被害に遭っているという方は今すぐに実際に持っている鍵のチェックをしてみて下さい。各メーカー名と製造番号(固有番号)が記されていはいないですか?何処の誰が、どんな手法で鍵の番号を控えているかも知れません。出来ればメーカー名や製造番号(固有番号)の記載されていないコピーキーを使用して、マスターキーは予備として自宅に厳重に保管しておくことをお勧めいたします。

TICS東京調査業協同組合員 株式会社TDA 弊社web site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です