費用について

TICS調査事例

調査事例 1・INSTANCE 1

1998年12月
都内で不動産・財産管理業を営むA社さんは、1年前に福島県いわき市において計画中の、大型新興住宅地の造成に関る地元不動産業者と接触。「県や市も後押ししている」等の触れ込みで、わざわざ都内のA社まで県の職員が訪れたという。信用したA社は地元不動産業者に、総額2000万円の融資を行うが、一向に話が進まず、造成地も荒れ放題の状態。そこで改めて、当組合に不動産業者の実態や、代表者について調査、債権回収の為の資 産調査などの調査依頼が発生。数週間かけて内偵調査を進めてゆくうちに、以前代表者が市の進める工場用地などの買収にからみ市の職員らに多額の利益供与を行い、贈収賄事件にまで発展していた過去が判明する。隠し資産として駐車場用地なども発見した。
調査期間・3週間

調査に関しては、事前に詳しいご事情を聴き、その上で目的達成に必要な各経費の他、必要な人員数や目安となる期間を定めて、お見積り致します。

調査事例 2・INSTANCE 2

1999年2月
東京都世田谷区に在住の主婦Fさん(46歳)は会社員の夫(52歳)の度重なる浮気によって、離婚の意思を固めていた。外泊は週に2,3回で週末も居ないことが多く、女性の存在は明らかであった。知り合いの弁護士を通じて、当組合に相談、すぐに調査を開始した。必ず外泊をするという、水曜日の帰社より尾行調査を開始。10時ごろ帰社した調査対象者は、近くの居酒屋で35歳くらいの女性と接触し12時頃女性宅へ入るところを写真撮影する。1度だけでは裁判では有利にならない(継続しているという証拠がいる。弁護士)との依頼であり、週末も調査。女性宅から出入りする、調査対象者と女性の2ショット写真と共に3日間にわたる詳細な調査報告書、女性の身辺調査の報告書をご依頼者と弁護士に提出する。
調査期間・尾行調査3日間・女性身元1週間
調査後、家庭裁判所において夫の非があるために離婚は成立。夫と相手女性から慰謝料と財産である世田谷の自宅の土地・建物を取得し、夫は居ないものの高校生の長女と共に以前の温和な生活に戻っている。

調査に関しては、事前に詳しいご事情を聴き、その上で目的達成に必要な各経費の他、必要な人員数や目安となる期間を定めて、お見積り致します。

調査事例 3・INSTANCE 3

2002年5月
千葉県印旛郡において、農業を営むBさんの長男が家業の手伝いが嫌になり家出。今回が2度目であり、姉のY子さんが当組合に再び訪れる。前回(4年前)と同様の依頼の為に、担当したG社が再び担当。北池袋の友人宅 に居候しているだろうとの見方が外れるが、別の友人宅に居るらしいとの事で、近辺の本人が訪れそうな喫茶店、マンガ喫茶、パチンコ店に本人の写真を持って調査。2週間後にマンガ喫茶に出入しているとの証言を得て、数日 間マンガ喫茶附近を張込する。自転車でマンガ喫茶に訪れた本人を確認、出てくるまで待ち尾行する。コンビニエ ンスストアに立ち寄り、居候先と見られるアパートへ入る。
すぐにご依頼者へ連絡。2日後、マンガ喫茶内で引き合わせるが、自転車で逃走。居候先に先回りすると本人もあきらめた様で、数時間話し合いをしてから実家へ戻った。
調査期間・2ヶ月
調査後は両親らとの話し合いの末、3年間家業を手伝った後は好きにしていいと言われ、本人は設計士の専門学校に通いながら、家業の手伝いをしているとの事。

調査に関しては、事前に詳しいご事情を聴き、その上で目的達成に必要な各経費の他、必要な人員数や目安となる期間を定めて、お見積り致します。

標準的な調査費用

探偵業の調査費用の相場は、概ね1時間あたり1名7500円〜20000円の幅の費用帯となります。
この費用には、多くの場合、調査実務と調査報告書作成時間や準備のための下調べ、現地までの移動時間などが内包されての費用算出となっています。
また、TICS加盟の探偵事務所は、業歴が10年以上であったり、同業他社からの依頼を引き受けて難解事案を取り組むなどする「プロが選ぶ探偵」であることから、品質の高い調査を実現しています。

費用帯に幅があるのは、それぞれの事案に関して下調べのポイントの数の違いなど準備に要する期間さがあったり、調査に車両が必要になるかなどの違いがあるためで、単純に「総額と人員、期間(時間)」で算出しているためです。

極端に安い場合や高い場合

稀に時間割にすると極端に低い単価で費用表示をしている探偵社を見かけますが、これは、「安かろう悪かろう」の典型で、「調査が発覚してしまい継続不能となる。」ケースや「やらずぼったくり」のケースが多く発生しています。また、1人1時間たりを極端に安い金額表示をしつつ、調査自体は契約では6人のところを1人でやるなどする詐欺や契約不履行のケースがあります。
一方、平均的な浮気調査であるのに、600万円~1000万円の請求をする高額被害ケースもあります。彼らの手口は、「離婚の危機なのだから結婚式と同等の費用は当然かかる。」とか「消費者金融と組み、月々払いでローンを組ませる。」などで、適格消費者団体から悪質契約と告発される探偵社もあります。

TICSでは、このような業者は入会を拒否しており、TICS加盟探偵社では「事前に概算見積もり提示」「契約時にしっかりと調査内容と費用の関係を説明」を徹底しております。また、調査の相談や契約に関しても、ご依頼の方の意思を尊重し、特に契約に関しては、ご依頼者様の意思にすべて委ねる形になりますので、ご安心してご相談になれます。